国家資格をとろう!

ボイラー実技講習を受けてみませんか?

  • ボイラーは、水から巨大なエネルギーを造り出すマシーンで、多くの産業現場やビルなどで活躍しています。
  • 現在のボイラーは自動化・小型化が進んでいますが、ボイラーを運転するには、ボイラー技士免許という国家資格が必要(一部の小規模なボイラーを除く)です。
  • ボイラー技士免許には 特級 1級 2級の三種類がありますが、2級ボイラー技士免許があれば、ボイラーの大きさにかかわらず、すべてのボイラーを運転することができます。(ただし取扱作業主任者になるには、ボイラーの大きさに応じ1 級・特級の資格が必要な場合があります。)
  • 2級ボイラー技士免許を取得するためには、試験に合格するほか小規模ボイラーの取扱経験等が必要ですが、東京労働局長登録の「ボイラー実技講習」(3日間)を修了すれば、取扱経験等とみなされます。
  • なお、「ボイラー実技講習」は、受験前でも受験後でもいつでも受けられますが、受験前に受講すれば受験にもお役にたつことでしょう。
  • 講習の3日目は実習ですが、当協会ビル内に設置されている実習専用ボイラーを使用しますので、他の場所に行く必要はなく3日間とも同じ場所で受講できます。
ボイラー